葉酸の効果と効能

妊婦の必須栄養素として知られる葉酸ですが、具体的にはどのような効果をもたらすのでしょうか。
葉酸を摂取するべき理由についてまとめました。
葉酸はビタミンB群のひとつです。
葉酸は細胞やDNA合成に不可欠な栄養素であるとともに、赤血球を生成する造血作用があることも分かっています。

葉酸は体内では合成できないため、食物から摂取しなければなりません。
葉酸を多く含む食品にはブロッコリーやほうれんそうなどの野菜、オレンジやいちごなどの果物、レバーやうなぎなど肉類や魚介、大豆製品や海藻などがあります。

ただし葉酸は水溶性ビタミンであると同時に熱にも弱い性質を持つため、調理の過程で栄養成分の多くを失ってしまうという弱点があります。
食事だけで葉酸を摂取するには限界があり、吸収率の良いサプリメントの利用者も多くなっています。

妊婦が葉酸を摂取しなければならない理由としては、第一に胎児の先天性奇形リスクを低減できることが挙げられます。

特にお腹の赤ちゃんの細胞分裂が盛んな妊娠初期(妊娠1ヶ月~3ヶ月)には、脳をはじめとする体の重要な器官の形成に大きな役割を果たします。

この時期に葉酸が不足すると正常な細胞分裂が行われず、神経管閉鎖障害といった先天性疾患の発症リスクが高まるため、しっかりと葉酸を摂取しておく必要があるのです。
厚生労働省でも480μg/日(食事以外のサプリなどから)を推奨量として、妊婦への摂取を推奨しており、母子手帳にもその必要性が記載されています。

妊娠初期に十分な量の葉酸を摂ることで、胎児の健やかな成長を促進し、障害の危険性を少なくすることができるのです。

また妊娠初期の摂取をより確実なものにするため、妊娠を予定している女性にも同様の摂取が推奨されています。
葉酸には受精卵の着床を助ける作用があることも分かっており、妊娠率アップも期待できます。
葉酸は細胞分裂に不可欠なだけでなく、血液を生成する造血の機能によりお母さんの貧血予防にも欠かせない栄養素です。
また出産後には血流を促して質の良い母乳をつくり出す効能もあるので、引き続き積極的な摂取が望まれます。

このように葉酸は妊娠期の女性にとって重要な成分ですが、摂りすぎにも注意が必要です。
耐容上限量を超えて摂取を続けると痒みやむくみなどの症状が出ることもあるので、摂取量を守るようにしましょう。

葉酸サプリメントの安全性についてこちらのサイトで解説されています。
サイトタイトル:葉酸サプリメントを比較!妊活・妊娠中の女性必見の選び方はコレ
http://www.syufeel.com/onayami_ichiran/maternity/yousan/yo12/ 
葉酸の効果を知ることができるので妊活中の方や妊娠中の方におすすめのサイトです。