授乳中の葉酸摂取について

授乳妊娠前から、女性にとっての必要な栄養素として、鉄、ビタミン、亜鉛と葉酸と言われていて、その中でも葉酸の摂取は胎児の障害のリスクを下げる為、特に初期段階で強く求められます。出産後も同じく葉酸は重要な働きをするのです。例えば子育ての第一歩としての授乳で、母乳で育てる場合、母乳は血液で作られている為、貧血になりやすくなります。赤ちゃんの成長は母乳の血中濃度に大きく作用する事から、より質の良い母乳を蓄える為にママの積極的な栄養摂取が求められます。また、葉酸はママの身体やそれを通して赤ちゃんの免疫を上げる効果もある為、必要な栄養素になります。今、社会問題として、子どもを望んで不妊に悩むカップルが急増していて、実はそのうちの3割が男性に問題があるというデータがあります。ストレスやライフスタイルの変化等で昔に比べ、男性の精子の量や濃度が低くなっている事が問題視されています。不妊治療の第一歩として男女とも専門機関での不妊検査があり、そこから原因を調べて次に移行するのが一般的ですが、女性に比べて男性の協力はまだ難しいのも事実ではあります。男性の場合は病院で精液を測る検査なのですが、行く事に抵抗を感じる方やその行為を嫌がる方が多く、踏み出すのに勇気は要りますが、女性も様々な検査を控えている為、協力は必要です。葉酸は精子の質を上げる効果がある為、女性だけでなく男性にもお勧めです。ドラッグストアでも気軽に手に入る為、奥様にも旦那様にも是非お勧めしたい栄養素のひとつです。